最近の記事

副業・ライター

2021/2/24

神様への願い事~3000文字チャレンジ「イチゴ」~

貴方は、神様への願いが叶った経験はあるだろうか。 私は、ある。 あれは……今からまだ10年経っていない、とある冬の日だった。 勤務時間のうえでは激務というほどではない…… それでも、重圧のかかる仕事に1人で関わっていた。 誰にも頼れない日々。 眠れない日々が続き、気付けば睡眠不足が常態化していた。 神様に頼めるとしたら? そんな状況のときに、不意に問われたのだ。 私は即座に答えた。 …… 今思えば、1か月程前から前兆はあったのだろう。 よく壁にぶつかるようになり 1日に一度は、足の小指を柱やベッドなどの隅 ...

続きを読む

両親の老後対策

2021/2/4

相続対策・認知症対策に有効な方法その1「遺言」

相続対策や認知症対策など、ご両親を始めとした身近な方の老後の対策を紹介していくこのシリーズ。 今までに書いた記事は↓こちら↓からどうぞ。 「認知症対策・相続対策シリーズ」記事リンク 今回は、遺言についてお話をします。 皆さんが感じているイメージとは少し異なるかもしれません。 筆者紹介 私は、本業で相続関係のコンサルティングに携わっています。 相続はもちろん、その前の段階として、相続対策や認知症対策 さらにその前段階になる介護予防などの重要性にもよく触れています。 Taka記事を書いている今は、2021年の ...

続きを読む

副業・ライター

2021/2/3

満月の夜・コートを着た男~3000文字チャレンジ「あたたまる」~

「最悪だ」 出張先の1つでの出来事。 そこの楽しみは、早く終わらせて直帰できることにあった。 ところが、「楽」と「苦」は表裏一体。 どういうわけか、田舎でもないのに この出張先から自宅に向かうバスは1時間に1本しか走っていないのだ。 そして今 私はスマホを手に、3000文字チャレンジの下書きを始めながら、バス停に立っている。 定刻なら5分前に出たであろうバスが、遅れて現れる奇跡を待ちながら。 スマホを眺めて、更に数分が経過している。 ここまで下書きを進めても、バスは来ない。 いつもなら10分遅れも珍しくな ...

続きを読む

副業・ライター

2021/1/20

命の値段~3000文字チャレンジ「ギャンブル」~

「姉ちゃん、助けてくれ! 俺殺される」 叔父がそう言って駆け込んできた場面だけは、幼い頃の記憶に残っている。 家の中に駆け込む足音。 足を離れ、宙を舞った靴。 それが空中で頂点に達し 今度はスローモーションのように回転しながら 玄関に裏返しになって着地した。 ……明日は雨か。 叔父の命の危機よりも 明日お外で遊べないかもしれない という、占いの結果が気になるお年頃だった。 叔父の年齢から引き算すると 当時、小学校低学年だったはずだ。 その頃大学生だった叔父は 長姉である母のいる実家によく遊びに来ていた。 ...

続きを読む

副業・ライター

2021/1/14

加齢なターン~3000文字チャレンジ「笑」~

本業の勤務中。 お年寄りと会話する機会が多い。 とはいえ 法律系(相続関係)のコンサルタントという職業柄 真面目な相談話ばかりではある。 その中で、ふと訪れる雑談の時間が楽しい。 そして お年寄りが相手だと、この歳にして「お兄ちゃん」呼ばわりされる。 これもなかなか嬉しいことだ。 本当に若返ったような いや、実際にお年寄りから見たらただの若輩者なだけのような。 ……どちらにしても お兄ちゃんと呼ばれて気分が良ければ何でもいい。 そう考えている時点で、精神年齢はその程度なのだろう。 さて。 相談なのだから、 ...

続きを読む

過去の記事

Copyright© 1970'sブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.