家庭菜園

甘いレモン? スイートレモネード栽培記録その3~おいしい葉っぱ~

2022年3月に購入したレモン「スイートレモネード」の栽培記録です。桃・ブルーベリー・りんご・コーヒーの木と、このスイートレモネードを育てています。今回は夏場からここまで(9月中旬)の様子をお伝えします。
ここまでの記事は、下のリンクをご覧ください♪
甘いレモン? スイートレモネード栽培記録その1~品種紹介と出会い~
甘いレモン? スイートレモネード栽培記録その2~開花と小さな実~





花も実も落ちて

購入して半年も経たないうちに花が咲くなんて当初は思ってもみなかったので、冷静に考えれば「計画通り」なのですが……少し寂しくはなります(^_^;)
その辺りの感情は置いておいて、これからの成長のためにできることを考えていきたいですね。

葉がたくさん出始める

購入当初は「幹と葉っぱ」という感じだったのが、暑い時期になって葉が多くなり、将来枝になりそうな所も分かるようになりました。このまま大きくなって、体力をつけていって欲しいです。

元気はいいものの


スイートレモネードを購入して約半年。まだまだ植え替えの必要はないかとも思ったのですが、将来のことを考えて早めに鉢を大きくしようかと思い始めました。大きな子なので、何かあってもすぐ弱ることはないと思いますが、元気を保ってもらうために栄養分を多くとってもらえるよう植え替えることにしました。

スイートレモネード、植え替え

他に育てている桃とりんごとあわせて、スイートレモネードの植え替えをしました。

全て果樹なので、今回は深く考えずに同じ土を使っての植え替えです。

共通してこだわったのが水はけの良さ。軽土を混ぜて水分が溜まりにくいよう調節します。

あっ! これは……

植え替えが完了して数日経ったある日。

葉っぱに異常を見つけました。これは明らかに食べられた跡……何かがいる、必ずいる……そして、あっさり発見しました。
虫が嫌いな方も多いと思うので画像は自粛しますが、黒いイモ虫を十匹ほど発見しました。毎日ある程度は観察していたので、ここ数日のうちに卵からかえったのでしょう。食べ尽くされる前に、可哀想ですがお引き取りいただきました。

卵などを確認

葉っぱの裏もよく観察して、次の被害がないよう手を打ちます。とはいえ、農薬などは使わずできるだけ手作業で頑張るつもりです。……どうしても必要なら使いますけどね(^_^;)
虫食いの件はもう最近の話で、台風のために避難する際に発見しました。室内に虫を入れるわけにはいかないので、より念入りに行い、無事何事もなく台風をやり過ごせました。ここからしばらくは、まだ経過観察が必要でしょうね。

スイートレモネードの栽培と、冬に向けて

夏から秋口の栽培に関して、これまでと変わったことはしませんでした。今のところ虫以外は特に不具合などはないので、順調と判断しています。本当に順調だったらいいのですが……。

冬場の準備

どこかのタイミングで、マルチングをしようと考えています。マルチングとは、土の表面にチップなどを敷いておくことです。こうしておけば霜などからある程度守れるほか、湿度を保つなどの効果も期待できます。なるべく日当たりのいい場所で冬場を乗り切ってもらうつもりですが、いくら比較的温暖な愛知県とはいえ、冬の寒さは対策も必要でしょう。その他にも対策が必要であれば、今後考えていきたいと思います。

Taka嫁
虫がいたの?
Taka娘
ねえ、イモ虫がいたの??
あ、うん……でもほら、全部駆除できたし
Taka
Taka娘
ねえお母さん、室内に虫を持ち込まれていたらどうしよう
Taka
ムシ(無視)すればいいんだよ
Taka嫁
そういえば最近肌寒くなってきたわね
Taka娘
虫の前に、まずはこのオジサンの駆除から取りかかった方がいいね

-家庭菜園

Copyright© 1970'sブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.