フルーツを種から育てる 家庭菜園

食べた桃の種から桃を育てる~2002.9鉢の植え替えと今の状況~

桃の栽培記録、久しぶりの更新です。2年目を迎えている桃達ですが、最近成長が止まっているように感じていました。そこで、秋が深まってから行う予定だった植え替え(鉢のサイズアップ)の時期を早めました。今回はその植え替えの様子をお伝えします。






桃の成長が止まる

夏頃から、成長の勢いが止まっているのを感じていました。「恐らく理由は根詰まりだろう」と推測していました。何故かというと……鉢上げ(最初に鉢に移す)のときに移した鉢が小さめだったのは少し感じていたんですよね。成長の速さが想像以上で「やばいなぁ」とは感じていたのですが、実際のところはどうなのでしょうか。

桃、夏場を乗り切る

乗り切ったのか「枯れなかった」のか。どちらにしても、夏場の暑さは過ぎ去りました。あとは、植え替えをいつ行うか……。いつでもできるように、8月下旬にはサイズアップする鉢や土などを購入しておきました。

枝が枯れ始めた?


植え替えは、残暑が落ち着いた10月以降くらいに行うのが本来はいいのでしょう。しかし、8月中旬以降あたりから枝に元気がなくなり、葉っぱも落ち始めました。これは早くに手を打つ必要がありそうです。

植え替え、決行

9月14日、曇り空で暑さが落ち着いた日に、鉢の植え替えを行うことにしました。ちょうど平日に2日休みが続いたので、体力的に余裕があったのも良かったと思います。まずは最も小さいけれど一番元気な子から始めていきます。

分かりにくいかもしれませんが、根がびっしりと付いていました。やはり「根詰まり」によって元気を無くしていた可能性が高いですね。元気を取り戻してくれるといいのですが。根を少しだけほぐしながら、元々ついていた土も残した状態で高さを合わせて、周囲に新しい土を入れていきます。

全く同じ作業を繰り返し、4つの子すべて植え替えが完了しました。右が植え替え前の子、左が植え替えた子です。鉢は全て同じサイズにしたので、かなりサイズアップしたことが分かると思います。

植え替えの方法

鉢のサイズアップについて、今度は2回り大きな鉢に替えるつもりで、大きめの鉢を選びました。「その辺にあった鉢」から、8号のものに「格上げ」です。

「果樹・花木の土」が8割
軽石を1割
あとは、腐葉土などを混ぜました。

鉢底石を多めにして、水はけの良さにも気を配ります。

肥料

成長を促す意味も含めて、植え替えのタイミングで肥料も与えました。これが良かったのかどうかは知りませんが……(^_^;)
元気に育ってくれればと思います。

Taka嫁
間に合ったのかな?
そうであって欲しいね。あとは、通常より植え替え時期が早いのがどうかも気になることろだけど
Taka
Taka娘
元気になってくれるといいよね
あれ? 珍しく応援してくれているのかな?♪
Taka
Taka娘
だって、枯れたら桃食べられないじゃん
Taka嫁
そうよね、私達にとってはそれが一番大事よね

-フルーツを種から育てる, 家庭菜園

Copyright© 1970'sブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.